Emu’s blog

よくある日記

『祈り』

何の特徴もない花を噛み砕き

滲んだ血で白い壁を塗り

ひしひしと心に亘る躍動に

狂気のしらべを君は見る

聴くのをやめろと言い做して

異なるしらべを君が聴き通うまで

私の心はどこへゆく

 

極寒の地へ行けども 光を閉ざせども安寧があり

いつまでたっても到達しえない

その境地は、花は袂にある

分かつまでは打ち守ると

時折嘔吐きながらも怺える

 

「花に特徴は本当にないのか」

「異なるしらべはいずこか」

色々な問いかけを私は飲み込み

ひとつの花を君に差しだし続ける

 

目に映らぬ侘しさを抱え

また血で滲む君の知らぬふりはできず

「袂にある花それには億万の繋がる脈があるのだ」と

生命の輝きと秩序の発端を見ている私は

そっと君の滲んだ唇に花で触れていう

 

血で染まる花びらを見

ふと気づいた私はさらにもひとつ気がつき

切り刻もうとした己の腕で花の絵を描き始めた